顎関節症

<顎関節症とは>
 咀嚼(そしゃく(物を噛むこと)したり、口を開閉する際に、咀嚼筋(あごを動かす筋肉)に痛みや違和感を感じる症状と、顎関節(耳の前方部)の痛みやクリック音(カクッという雑音など)を伴う可動制限を総称して顎関節症と呼びます。
 咀嚼筋は、側頭筋・咬筋・内側翼突筋・外側翼突筋があります。
 
 <原因>
歯科や口腔外科などでは、歯の食いしばりや歯ぎしり、噛み合わせ異常などが原因と言われることが多いようです。
また、整体師などの治療院では、顎関節の歪み、頭蓋骨の歪み、首の歪み、骨盤の歪みや筋肉の緊張などが原因と言われることが多いです。
何が原因かは様々ですが、精神的ストレスが一番の影響で90%以上と考えています。
精神的なストレスがかかると、全身の神経が緊張します。筋肉・関節・骨・内臓・脳など全てが緊張を起こします。それらの影響の一つが顎関節症となって現れます。
その他原因は、アレルギーなどの体質的な影響による胃腸など内臓の慢性的な炎症も顎関節症と深く関係しています。
内臓が弱くなると猫背になり首に負担がかかります、首と顎は深く連動してますので影響が出てきます。
また、今までの怪我の影響や手術の影響、靴や下着など歪みを起こす原因からの影響など、体の一部に「ひずみ」があるだけで顎関節症になる可能性はあります。
歯ぎしりや食いしばりというのは、それらを引き起こす原因が他に存在するからであって、顎関節症の「本当の原因」ではないと考えます。
 
 <お勧めの施術は、脳エステ Iron45°ヒーリング>
90%以上の原因と考えられる精神的な疲れをリセットできるので、抜群に効果があります。
また、脳の働きを活性化することで治癒力がアップし、顎関節の歪み、頭蓋骨の歪み、首の歪み、筋肉の緊張などを解消でき、胃腸など内臓も元気になります。
顎関節症になる様々な原因を解消する効果があります。
1~2週間の間隔で、3~4か月施術すると症状が安定しやすいです。
 
 <ホームケアー>
☆Iron45°ジェルを肩周り、首周り、顔全体、頭皮に塗る。特に顎関節周りに重ね塗りすると良い。胃腸系が弱っている場合が多いので、お腹周り全体にも塗ると効果大。

☆天然石テープ、痛みが強い場合は、痛まるテープを痛い場所に張り付け、気の流れを整える。
 
☆スタイルアップブラ・ノンストレスショーツは、下着による歪みを作らないために良い。
 
☆体の歪みが強い人には、スパイラルシリーズのインナーやタイツなど効果的です。
 
☆顎関節症は精神的なストレスの影響が大きいので、人からのストレスを受けにくくするために、心癒ループも良い。
 
☆スタイルアップロングガードルの着用により、ふくらはぎを鍛え全身運動している状態を作る。これにより、代謝が上がり、脳の疲れが解消しやすい。
 
 
*マウスピースなど口に入れる治療は、歪みを強くしてしまい、自律神経が乱れ逆効果なのでIron45°ヒーリングをする人にはおすすめしません。
 
*水やお茶だけで水分量を1日1・5リットル以上は摂るようにする。 良い水分を摂ると脳の疲労が取れストレスが和らぐ。